【バルミューダ】ケトルがお洒落で機能的!

皆さんおはこんばんにちは!OTA@rs-lifeblogです。

 

いま付き合っている彼女と同棲する計画を立てています。

 

これから少しづつですが家電を買い揃えていきます。

 

冷蔵庫、洗濯機と購入を検討しなければならないモノがあるのですが、すでに購入をするのが決まっているモノがあります。

 

それはバルミューダのケトルです。

なぜ購入を決めたのか、そしてこのケトルの魅力を紹介します。

まず、バルミューダとは

素晴らしい体験を

バルミューダは、2003年に東京で設立されたクリエイティブとテクノロジーの会社です。自由な心で夢見た未来を、技術の力で実現して人々の役に立つ。これが私たちのミッション。新しい考え方で、これまでになかった価値を持つ家電を作っています。

かつて家電は不便さを解消することで人々の役に立ってきました。しかし今、私たちの生活は十分に便利になりつつあります。そして家電に求められているものも、変わってきているのだと感じます。

現代を生きる私たちが道具やサービスに求めているのは、驚きや感動、うれしくなるような体験なのだと思います。バルミューダは家電という道具を通して、心躍るような、素晴らしい体験を皆様にお届けしたいと考えている企業です。

(出典:https://www.balmuda.com/jp/about/)

バルミューダが手掛ける家電はすべてデザイン性に優れ、機能的です。

 

ミニマルなデザインが人気でミニマリストの方々が愛用している人気のブランドですよね。

BALMUDA The Potの魅力

僕がまず惹かれたのは余計なデザインがなくシンプルな作りであることです。

 

T-falのケトルの安くて使いやすく、とてもいい製品だと思います。しかし、どこかで生活感を感じさせます。

 

BALMUDA The Potは生活感を感じさせないデザインが僕の心を射止めました。

 

ハンドドリップでコーヒーを淹れれる

一番の決め手は注ぎ口がハンドドリップをしやすいようにバリスタの意見を取り入れながら製品化されています。

 

僕は今までコーヒー専用のポットに沸かしたお湯を入れなおしてハンドドリップをしていました。

 

しかし、BALMUDA The Potを導入するだけで沸かす、ハンドドリップの両方をこなしてくれます。まさに一石二鳥の働きです。さらにデザイン性も高いので僕の中では一石三鳥です。

 

今使っているポットは購入とともに手放す予定です。

 

もう、一目ぼれ、運命的な出会いです。

 

製品仕様

本体寸法 本体のみ : 幅 269mm × 奥行き 128mm × 高さ 170mm
電源ベース込み : 幅 269mm × 奥行き 142mm × 高さ 194mm
本体重量 本体 : 約0.6kg
電源ベース : 約0.3kg
容量 0.6L(リットル)
電源 AC100V 50Hz/60Hz
定格消費電力 1200W
電源コード長さ 1.3m
素材 本体:ステンレス フタ、取っ手:ポリプロピレン
安全機能 空だき防止機能、自動電源OFF機能
沸騰時間の目安 200ml 約1分半 / 600ml(満水時)約3分
*水温25度の場合の目安。使用環境により前後します。
保証期間 お買い上げ日から1年間
パッケージ内容 本体、フタ、電源ベース、取扱説明書(保証書付)
カラー ブラック (型番 : K02A-BK、JANコード : 4560330117718)
ホワイト (型番 : K02A-WH、JANコード : 4560330117725)
クローム (型番 : K02A-CR、JANコード : 4560330119200

(出典:https://www.balmuda.com/jp/pot/spec)

商品としてはまだ黒と白しか色は選べませんが、今年の秋にクロームが登場予定です。

 

クロームは見た目が光沢感あるステンレスのためどこの空間にもはまると思います。

 

僕はクロームをちなみに僕はクロームを購入予定です。

BALMUDA The Potまとめ

  • デザイン性に優れている
  • コーヒーをハンドドリップするときに活躍

通常のポットの機能を兼ねてこれだけの付加価値がある。本当にバルミューダ様様です。

 

まだ購入は先になりそうですが使用したときにはレビュー記事を書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です