ミニマリストのモバイルバッテリーを考える

ミニマリスト
どうも、OTA@rs-lifeblogです。
仕事やプライベートでスマホを使っていて困るのが、「外出先でのバッテリー切れ」ですよね。
一日中外出していたらバッテリーが切れてしまい、近くに充電できるお店も見当たらずに、スマートフォンでの調べものや仕事の対応ができない時があるのではないでしょうか?
そんな時に役に立つのが、持ち運びやすい軽量のモバイルバッテリー。
今やスマホは日常生活やあらゆるシーンで欠かせないツールになっています。
また、災害に備えて一つは持っておくべきモノですよね。
今回の記事では僕がおススメするモバイルバッテリーを紹介します。

やっぱりアンカーのモバイルバッテリー

一口にモバイルバッテリーと言っても、バッテリー容量が大きいものから小さいものまで種類がたくさんあります。
特にミニマリストであれば小さければいいし、たくさん充電することができれば尚更よしです。
『Anker PowerCore 10000』:価格2,899円

10000mAhはスマートフォンに約4回程度充電できる容量です。
また、Anker PowerCore 10000は約180g。iPhoneの重量は約148gとても軽量な作りになっています。
価格が安いところも魅力的なところですね。
Amazonのリンクはこちら☟
一番おススメ「Anker PowerCore+ mini」:価格2,899円

バッテリーの容量は3350mAhで、2000mAhのスマホをおよそ1回分充電できます。
見た目の通りとてもコンパクトなモバイルバッテリーです。
価格も1,799円とめっちゃ安い!!
Amazonのリンクはこちら☟
Anker PowerCore Fusion 5000:価格2,999円

コンセントからモバイルバッテリー本体とスマートフォンを充電できます。

iPhoneであれば1.5回充電することが可能です。モバイルバッテリー本体を充電するためのコードが不要になるので荷物を減らすことが可能です。

 

Amazonのリンクはこちら☟

Anker PowerCore Fusion 500

 

まとめ

皆さんいかがでしょうか?

 

大容量であればいつでも安心してスマホを使えますが、用途に合わせる必要があります。

 

僕自身は出先にでて充電することが1日に1回ある程度なのでAnker PowerCore+ miniで問題ないかなと思います。

 

しかし、Anker PowerCore Fusion 5000のようにコンセント一体型でコードが不要になることや一度に複数の機器を充電できることが強みですね。

 

用途に合わせての購入を検討してください!

タイトルとURLをコピーしました