どうも、OTAです。

生活にミニマリズムを取り入れてから嫌だなと嫌悪感や、精神的なストレスが以前よりか軽減されているのかなと感じています。
今まではすべてのことをやろうとして、自分を追い込んだりと本当日本人っぽい生き方をしていました。

ミニマリストは無駄を省くことが好きです。僕自身はあらゆる無駄を省くこと自体は好きではありませんが、自分自身に害が出る無駄は躊躇うことなくそぎ落とします。(自分の一存で決めることができることならばね)

そこで僕が日々の生活のなかで取り入れている考え方は、「嫌なことはアウトソース」すること。

社会ではアウトソースするということは基本的な考え方かもしれませんが、簡単にアウトソースとは何かを説明します。

アウトソースとは?

アウトソーシング(英語: outsourcing)あるいは外部委託(がいぶいたく)とは、従来は組織内部で行っていた、もしくは新規に必要なビジネスプロセスについて、それを独立した外部組織(子会社や協力会社、業務請負・人材派遣会社)から労働サービスとして購入する契約である[1]。対義語は「インソーシング(内製)」。(引用:ウィキペディア)
主に会社での事業等に使われます。でも、プライベートではあんまり使わないですよね。

みんなアウトソースしている

皆さんは日頃からアウトソースをしています。例えば、荷物の配送やタクシーやバスといった公共交通機関。あなたの生活はアウトソースにまみれています。あなたが普段使っているサービスはほとんどがアウトソースです。

嫌なことはアウトソースして身軽になりませんか?

アウトソースは本来無駄な業務やコストがかかる業務を生産的に行うためにあります。
日常生活でも、心の健康においてもアウトソースという考え方は非常に重要です。

最近は退職代行サービスや掃除代行等様々なアウトソースサービスが存在しています。
特に、退職については労力を使いますからね。本当こんなサービスがあれば救われる人が多いのではないでしょうか。

嫌なことはお金を払ってモノを購入して解決するのではなく、お金を払って「手放す(アウトソース)」するという選択肢もあります。

ぜひ、モノを手放して身軽になるのではなく、「コト」を手放してさらに身軽になりませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です