どうも、OTAです。
もう9月も終わりに近づき、10月が始まろうとしています。
世の中の企業は給料日という会社が多いのではないでしょうか?

ちなみに僕も明日が給料日。本日給料明細が手渡されました。(ペーパーレス化が進んでいるのにいまだに紙ベースで給料明細を確認しています)

日々の仕事に対する給料っていくら入金されたってのは確認するけど、いくら控除されているなんてあんまり確認しないですよね。(ちなみに僕もその部類の人間です。)

ドラゴン桜で有名な三田紀房さんのTwitterでハッと気づかされました。
普段何気なく払っている税金は何なのか分かっていないって。

たまたま、給料日も近く給料明細が手元にあるので。確認しようと思います。

【スペック】
僕自身は中小企業に勤めているサラリーマン
社会人2年目です。

【総支給内訳】
総支給額:約250,000円
控 除 額 :約50,000円
手 取 り :約200,000円

【控除内訳】
健康保険:約10,000円
厚生年金:約22,000円
雇用保険:約1,000円
所 得 税 :約5,000円
住 民 税 :約9,000円
任意保険:約3,000円

ざっとこんな感じ。割とまじで正確な数字過ぎて色々怖いです。(笑)
振り返ってみると取られすぎな気がしてなりません。
任意保険に関してはなるべく入らないようにしているので、僕より保険に入っている人や財形貯蓄をしている人に関してはもっと控除されていると思います。
そこまでやってたら#手取り15万円です。笑えない。

個人でできる節税対策を考える

配偶者控除や扶養控除、住宅ローン控除等個人でできる節税対策は色々あります。しかし、社会人2年目のひよっこサラリーマンでもできる節税対策は限られています。
そこで今の僕自身でできる節税対策を考えて見ました。

ふるさと納税

寄付した金額から2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税、住民税から控除することができます。
ふるさとの返礼品を楽しみながら納税するができます。ただし、2000円は自己負担になってしまいます。
ただ、税金を取られてしまうのであれば、地元や思い入れのある自治体に寄付したほうがいいですね。

個人型確定拠出型年金(iDeCo)

iDeCo(イデコ)は、毎月一定の金額を積み立てを行い、投資信託等の資産運用を行い。60歳以降にお金を受け取るサービスです。
老後2000万円問題もあるように安定した老後を送るために考えたいものですね。

iDeCoで積み立てする金額については所得控除の対象となるため、その分課税所得に換算されません。なので、翌年の所得税を節税することができます。
また、資産運用で得た利益は20%の額を課税されます。しかし、iDeCoの場合は非課税になります。

ただ、将来のためと長いスパン(老後)で貯蓄している人については節税をしながら資産形成ができるいい選択肢ですね。

医療費控除

年間10万円を超える治療費を払った場合に確定申告を行った場合に控除される控除です。
もしかしたら制度を知らずに無駄な税金を払ってしまっている人がいるのかもしれません。
また、健康であれば医療費控除は関係ありません。

サラリーマンはオワコン

総括:お金を稼ぐならサラリーマンはやめるべき。

国から搾取されるだけ、回避する策も少なすぎる。個人事業主やフリーランスであればよりやりようがあるんだけど。

また、毎月一定の金額が働く限り支払われるから。税制制度についての知識も少ない。まさに国の思惑通りって感じです。

まさにサラリーマンは国のお得意様ですね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です