皆さんはアンガーマネジメントという言葉はご存知でしょうか?
僕もたまたまアンガーマネジメントという言葉を見つけ、「アンガーマネジメントとなんだろう」と疑問に思い、個人的に勉強をしました。
その中で、アンガーマネジメントの本質と覚えておくべき1つのコトを本記事を通してお伝えします。

アンガーマネジメントとは?

1970年代にアメリカで生まれたとされている怒りの感情と上手に付き合うための心理教育、心理トレーニングです。
怒らないことを目的とするのではなく、怒る必要のあることは上手に怒れ、怒る必要のないことは怒らなくて済むようになることを目標としています。
当初は犯罪者のための矯正プログラムなどとして活用されていましたが、時代の変遷とともに一般化されていきました。

https://www.angermanagement.co.jp/about

既にアンガーマネジメントの本場アメリカでは教育としてきちんと認識されており、出世するためにはアンガーマネジメントを勉強しなければならないほど、アンガーマネジメントは思考の整理術として一般化されています。

個人的な解釈ですが、アメリカ人は怒りなどの感情表現が上手なのはアンガーマネジメントが一般化されているからではないでしょうか?

アンガーマネジメントで覚えておくべきことはただ一つ。

怒りの源泉は自分自身にある。

「怒りの原泉は自分自身にある」ん?と思った方は多いのではないでしょうか?しかし、怒りというのはすべて「自分自身の思い通りにいかなかった時」に発生する感情なのです。
貴方が最近イライラした場面を思い浮かべてください。
「○○は○○すべき」あなたが考えるべき論が通じなかった時にあなたの感情は怒りを感じるのです。

僕を例にすると「人は時間を守るべきだ」と考えています。
初対面の人や友人等すべての人においてそう考えています。(当たり前と思うかもしれませんが、守れない人が多いのです…)
時間を守るべきと私は考えているので、守らない人(時間にルーズな人)には怒りの感情が芽生えるのです。

怒りは他人の行動に依存するからコントロールできないんじゃないの?

僕は勉強している時に見出しのような疑問を抱きました。
「他人の行動に依存するならアンガーをマネジメントできないじゃんと。」

アンガーマネジメント的には「べき論」を知ることがアンガーマネジメントの鍵となるのです。

自分自身が怒るポイントを理解しておくことで、事前に「○○に対して怒るから気を付けてほしい」と伝えたり、怒りの原泉を知ることで自分は何に怒っているのだろうと冷静に判断でき、相手に伝えることができるのです。

まずはあなたのべき論を考えてみよう。

怒りは精神をすり減らしますし、体力を使います。ただやみくもい怒るだけな人は子供と何ら変わりません。
まず、貴方の怒ってしまう「べき」を知り、アンガーをマネジメントして生活の質を上げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です