どうもOTAです。

新型コロナウイルス第一波が収束し、世界規模で第二波が目前に迫っています。
否が応でも自宅待機をせざる得なくなり、今までと同じ価値観では生活ができない社会になりました。


リーマンショック後から再度「New Normal(ニューノーマル)」な時代がやってきました。


将来設計がまともにできない僕たちのような若い世代はこれからどのように人生を歩んでいけばいいのでしょうか。


今まで通用してきた生き方が次の日にはできなくなる。そんな社会がやってくる、コロナショックが残したメッセージなのかと思います。
これからの社会は「普通」という概念が無くなるのだと思います。


日本人は「普通」が好きです。みんなと同じ生活ができればいい。みんなと同じ方向を向かいたい。
マイノリティよりマジョリティなポジションにいたい。(僕も少なからずそんな気持ちを持っています。)

だけれども、普通という概念が崩れつつある今、何を基準にして生活をすればいいのか分からない漠然とした不安があります。

まじまじパーティーを運営しているあんちゃさんの記事に今の日本に住む若者が抱えている漠然とした不安の確信をついた文章があります。

「ちなみに自分の人生がつまらないと思って生きている人は、「いかに自分の日常が退屈か」という視点でばかり物事をみてしまうので、本当につまらなくなるわけです。

https://www.mazimazi-party.com/entry/upheaval/

たぶん若者が抱えている不安の根底にあるのはこれなのではないでしょうか。
SNS時代になり、キラキラした生き方をしている一般人の情報発信を見る機会が増えました。
他人と比べてしまうのは毒ですが、うまく付き合っていかなければなりません。(どんなに情報をシャットアウトしていても、ブロガーだから見たくもない情報も入ってきちゃう。)
悩み事も不安も「New Normal」ですね。(笑)


もう新しい時代の局面が来ています。
ここをどう乗り切るかで今後の生き方が決まってしまうとすら考えてしまう。
だから、

  • 日常からコンテンツを生み出す能力を身に着ける
  • 先んじて走るポジションの人から学ぶ
  • 思考停止をしない

この3つの心得をもって情報発信を頑張っていきたいますよ。

オチもない記事でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です