「24時間分割生活意識」を実践すれば時間がない生活から脱却できる

「時間がない」を理由にして、やりたいことを実践できないという方は多いのではないでしょうか。

「時間が無いから勉強ができない。」、「時間が無いからやりたいことができない。」そんな言い訳をしたことはありませんか?
私はあります。そういって幾度となくチャンスを逃してきた人生です。そんな私ですが、長岡秀貴(ながおか・ひでたか)のTEDでのプレゼンテーションを見て衝撃を受けました。

24時間分割意識を実践する

それは「24時間分割生活意識」という考え方。
簡単に言うと。24時間を細かく分割してそれを意識して生活すること。
◆勤労・勉強:8時間
◆睡眠:6時間
◆食事・サニタリー:3時間
◆自由時間:7時間←この時間に着目する。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=EzXvih454dM

このように24時間を分割して見える化することで誰しも平等に時間があることが分かります。
普通に生きていくために8時間仕事をして、自由時間の7時間で「やりたいコト」要はダブルワークであったり、スキルアップのための勉強をする。
この7時間を見つけることができた人が人生を2回送ることができるのです。

この考え方は衝撃的でいままで私は「時間がない」という理由でこの7時間を有益に過ごすことができませんでした。
・スマホを惰性で見ている
・YouTubeを意味なく見ている
・付き合いで過ごす時間(意味のない飲み会等)
・眠いからとりあえず眠る

皆さん思い当たる節はないでしょうか?
この記事を見ている人は「ギクッ」と思っている人は多いのではないでしょうか。思い返すと時間を何に使ったか分からないなんてこともあります…

そこでまず私は特に睡眠時間を減らしてみました。時間の余裕を確保することができました。
(そんな極端な減らし方をしていません。8時間を6時間に変えるくらいです。)

これからの時代、今務めている会社がいつ無くなるか分かりません。また、終身雇用の時代も終わりました。
時間の使い方をうまくなれば、人生を二回送ることができます。あなたもぜひ、この動画を見て人生を変えてみてください。

ご精読ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です